Paper Moon
表面処理にかかせないのが、この浦和工業さんから発売されている「マイクログラインダー」です。
パワーはそんなにないのですが、連続使用ができる点が模型制作には向いているのではないでしょうか。

バリ取りからパーティングライン消し、細かいパーツの整形までこなしてくれます。

離型剤に漬け込んだ後、中性洗剤とクレンザーを混ぜたものを歯ブラシにつけてゴシゴシ磨き、その後さらに超音波洗浄器で洗浄します。

サフ前の洗浄にもつかってますので、仕様頻度は高いです。
ナイフ&ヤスリなどです。

よく使うのが一番上のアートナイフ、棒ヤスリの中では一番下の大きなタイプが平面を綺麗に出すのに重宝します。

フィギュアではメカと違って綺麗な平面を要求されることは少ないですけど、たとえば靴の裏とかこれでヤスると一発で綺麗な面が出て便利です(^ー^)ノ
スジ彫り関連

塗り分けのある所では、境界線を軽く彫りなおしてやるとマスキングも綺麗にできるし、リタッチ(汗)もうまくいくので、大抵のスジ彫りは彫りなおしています。

一番下はハセガワトライツーツの彫刻刀、画面には映っていませんが同じくハセガワのケガキ針もたまに使います。
その上はPカッター、太いスジにはこれです。

で、一番よく使うのがその上の小さなエッチングノコです。
フィギュアサイズのスジ彫りに丁度よく、愛用しています。

おまけでタミヤの精密ニッパー。スジ彫りグッズではありませんが、模型製作にはやはり欠かせません♪
ヤスリ類です。左はおなじみのタミヤ製。240番から800番くらいまでをよく使います。 

右はスポンジペーパー。荒いものから細かいものまで3段階常備してます。

↑で電動ハブラシが載っていますが、今は使っていません(^^;;

電池の消耗が早くパワー不足が悩みでしたが、このプロクソンのペンサンダーにして悩みが解消されました!

先端アーバーが8種類あって、細かい所もきちんとヤスれます。
アーバーにスポンジペーパーやタミヤのヤスリを両面テープで貼って使います。
気泡対策&軸打ちグッズ

左上はアルテコの粉。横に写っているシアノンと組み合わせて大きな気泡埋めに使っています。 で、小さい気泡にはシアノンのみで。 埋めた上からアルテコスプレープライマーをシュッっと吹きかけて瞬間硬化させてます。

軸打ちでよく使うのは2mmのアルミ線&真鍮線。 それほど力のかからないパーツには1mm真鍮線を。そして細かいパーツには0.3mm真鍮線と使い分けてます。